進路選択のタイミングで自分を振り返ろう!おすすめ自己分析法

Business

自己分析をしてみよう

まず結論からいくと、自己分析ってバカ大事じゃん!って感じです笑
僕は就活をする3年5月頃に初めて自己分析をやったのですが、その衝撃ときたら想像を絶しました笑

それ以来、就活生のみならずどんな人でも自分の理解を常にしていくことはすべきだなと考えています。今回はどんな方法で自己分析をしたの?とかを簡単に紹介していこうと思います。

自己分析のイメージ

自己分析と聞くと、「あー就活生がよくするやつ?」、「そんなんしなくても自分のことは理解してるよ!」とか色んな声があがりそうですが...笑

人によっては泣くほど自己分析したとかいう友人もいました笑

皆の自己分析ってどんなイメージですかね???

自己分析をするメリット

自己分析をするメリットは体感的には3つほどあると考えています。

  1. 自分にとってプラス・マイナスの事象を理解できる
  2. 自分の価値観を理解できる
  3. 人生の指針を得ることができる

ポジティブ要素とネガティブ要素

1と2は付随するところもありますが、まず1について説明すると
自分にとって楽しかった、やる気が出た、などポジティブな感情が生まれた瞬間にはどんな要素があったのかと理解することができます。
反対に悲しかった、やる気が無くなった、などネガティブな感情が生まれた瞬間にはどんな要素があったのかと理解することもできます。

自分にとってポジティブな要素とネガティブな要素を理解していることは人生を豊かにするという点においては重要であるといえます。

わざわざネガティブ要素の多い環境に身を置く必要はないですよね!

価値観の理解

次に2の価値観を理解することの説明をすると
人生というのは大小様々ではありますが、選択の連続で成り立っていて人それぞれ選択の基準というのは異なっています。
自己分析を通して人生を振り返る間に、各々の意思決定の基準となっているものを理解することで、自分の好きなこと、嫌いなこと、心躍ること、などなど性質の理解につながっていきます。

おすすめ自己分析法

ここからは僕が行った中でおすすめの自己分析法を紹介していきます。

自分史

ここでは自分史の作成をします。
自分は就活をしていた際にお世話になった方からやってみろと言われて行ったのですが、やってみることで自分の人生を”客観的に”見ることができたので良かったです。

自分史を作成することでわかること

  • 自分の人生を振り返るきっかけになる
  • 自分がどんな人間だったかを客観的に見ることができる

具体的にどんなことをするかというと、自分の生まれてから現在までの出来事を年表のようにまとめていく作業です。
これをすることで、一度自分の人生を振り返って「そういえばこんなこともあったなあ」とか「このときはこんな感情だったなあ」とかを思い出すきっかけになります。

僕はエクセルに出来事を年代ごとにバーーっと書き出して行いました。
紙でやってもいいと思います!

例(めちゃ一部です。もっとあります笑)

今後にもつながるので、まず自分の人生を振り返ってみてください。

モチベーショングラフ

モチベーショングラフの作成は人生を時間の流れを横軸、縦軸をモチベーションの大小に設定してグラフを書いていきます。
モチベーショングラフを作成していくことでわかることは

  • モチベが高いときの共通点
  • モチベが低いときの共通点
  • 変曲点での行動

です。

モチベが高いときの共通点

人生の中でモチベーションが高かった理由を考えていくと、時期の違う2つのイベントに共通点があったりします。そこに自分の中で大切にしていた価値観であったり、これがあると嬉しい・楽しいっていう基準があったりします。それを理解しておくだけで自分の身の振り方が変わってきます。

反対のモチベが低いときにも同様のことがいえますね。

変曲点での行動

これは私が読んだ、前田裕二さんの「メモの魔力」かなんかに書かれていたのですが、人生の中で変曲点にドラマがあるとおっしゃられていました。
自分のモチベが高かったところから低くなるのにどんなイベントが起こったのか?
反対に低かったところからどのようにして高くなっていったのか?

ここに人間としてのドラマがあり、本質があるということです。

これらを理解することで、自分の価値観を理解することができます。


第三者の目を大切にしよう!

上で紹介した2つの自己分析をするときにおすすめなのが、第三者の人に聞いてもらいながら進めることです。
第三者の目を入れることによって、自分では気づかなかった自分の性質を考えるきっかけになります。

自分にとっては当たり前で流してしまうようなことでも、その人にとっては疑問点になり、「なんで?」と尋ねられることによって自分の考えがどこから来ているのかを考えることにつながります。

なので自己分析は一人だけで行うだけでなく、第三者の目も大切にしましょう。

おわりに

自己分析を度々行うことで、自分の人生への理解を深めましょう。
そして今後のキャリアや常々に起こる意思決定のタイミングで後悔しない選択をできるようにしたいですね。

私も常に自分をアップデートし続けながらがんばります。笑

written by tatsu
2019-11-09 00:45:15 Saturday

コメント

タイトルとURLをコピーしました